【めっちゃ簡単】Google Analyticsで自分のアクセスを除外する方法

自分のアクセスを除外
あなた
あなた

正確なアクセスをカウントしたい

ブログで自分のアクセスを除外したい

そういったお悩み解決します。

僕は記事を書いて頻繁にプレビューで確認します。

そのとき自分のアクセスがカウントされ正確な数字が出ませんでした。

しかし以下の方法を試してみると自分のアクセスを除外でき正確なアクセスをカウントできたので今回紹介します。

この記事を読むと自分のアクセスを除外でき、正確なアクセスをカウントできますよ。

自分のパソコンからアクセスを除外する方法

自分のパソコンからアクセスを除外する方法

ブログをパソコンで編集している人がほとんどで、出来上がった記事を実際にプレビューで確認すると思います。

しかし自分のアクセスを除外する設定をしていないとプレビューで確認するたびにGoogle Analyticsでアクセスがカウントされます。

そこで以下の方法を試してみると自分のアクセスを除外できます。

Google Chromeからアクセスを除外する方法

パソコンでGoogle Chromeを使っている人は設定する方法が1番簡単です。

自分のアクセスを除外する方法は「Google Analytics オプトアウト アドオン (by Google)」をダウンロードするだけです。

Google Analytics オプトアウト アドオン (by Google)

Google Analytics オプトアウト アドオン (by Google)」にアクセスして赤枠の「Chromeに追加」で設定完了です。

あなた
あなた

めっちゃ簡単やん!

「Google Analytics オプトアウト アドオン (by Google)」をダウンロードすることにより、あなたパソコンのGoogle Chromeからのアクセスは除外されます。

設定が簡単なので記事を書く時はGoogle Chromeを使用することをオススメします

*スマホやタブレットのGoogle ChromeアプリでGoogle Analytics オプトアウト アドオン (by Google)はダウンロードできません。

スマホやタブレットからのアクセスを除外したい場合は後記しています。

Safariからアクセスを除外する方法

パソコンでSafariを使っている人はMacユーザーということになります。

Safariで自分のアクセスを除外する方法はApp Storeで「AdGuard for Safari」をダウンロードする必要があります。

ダウンロードしたら「Safari」を開いて左上の「Safari」から「環境設定」を選択します。

すると上のような画面になるので「拡張機能」を選択し、AdGuardをすべてチェックを入れることでSafariからのアクセスを除外できます。

自分のスマホ&タブレットからアクセスを除外する方法

iphone-ipad
自分のスマホ&タブレットからアクセスを除外する方法

自分のスマホやタブレットからアクセスを除外する方法はアプリをダウンロードする必要があります。

今回はiPhone、iPadでのアクセス除外の方法をご紹介します。

Android端末をご使用の場合は「【Android】Adblockerでスマホからのアクセスを除外する方法」の記事がオススメです。

参考 【Android】Adblockerでスマホからのアクセスを除外する方法宗像ウェブ

ではiPhone、iPadからのアクセス除外の方法をご紹介します。

まず「AdGuard」をダウンロードします。

AdGuardの設定方法

ダウンロードができたら「設定」>>「Safari」>>「コンテンツブロッカー」と進み

AdGuardの全てにチェックを入れたら設定完了。

注意
Safariからのみアクセスを除外できます。

Google Chromeアプリなどを使っている人はアクセス除外できません。

IPアドレスから自分のアクセスを除外する方法

address
IPアドレスから自分のアクセスを除外する方法

IPアドレスとはネット上の住所とイメージするといいでしょう

この方法のメリットはパソコンやスマホなど個別の機器で設定する必要がないことです。

IPアドレスから自分のアクセスを除外する前に、まず自分のIPアドレスを調べます。

まず「CMAN IPアドレス確認」にアクセスします。

CMAN IPアドレス確認

アクセスしたら赤枠のIPアドレスをメモして「Google Analytics」にアクセスします。

Google Analytics管理画面

「Google Analytics」にアクセスしたら左下の「管理(歯車のマーク)」>>「フィルタ」に移動し、「フィルタ追加」をクリックします。

フィルタ設定

すると上のような画面になるので赤枠を入力します。

  • フィルタ名:例)家
  • フィルタの種類:カスタム
  • フィルタ フィールド:IPアドレス
  • フィルタ パターン:先ほどメモしたIPアドレスを入力

これら4つを入力したら「保存」で設定完了です。

IPアドレスでのアクセス除外について

自宅のWi-Fiに繋げた状態でIPアドレスを調べ、Google Analyticsでフィルタすると自宅のWi-Fiに繋げた機器からのアクセスを除外することができる感じです。

なので外室や他のWi-Fiに接続した時は別でフィルタの設定をする必要があります。

まとめ | 自分のアクセスを除外する方法

要約(summary)
まとめ | 自分のアクセスを除外する方法

記事を書く時ぷレビューで確認することは必須です。しかし確認する際に自分のアクセスがカウントされますよね…

Google Chromeに拡張機能追加やアプリ、IPアドレスで自分のアクセスを除外できます。

自分のアクセスを除外すると正確なアクセスをカウントできるので設定は必須ですよ!