モバイルバッテリーのPSEマークとは?【PSEマークは完全に安全とは言い切れない】

こんにちは、モバイルバッテリーを多く所有しているtaitai(@taitaiblog)です。

https://taitaiblog.net/wp-content/uploads/2020/02/friend-2-1.gif
あなた

「モバイルバッテリーのPSEマークってなに?」

「PSEマークがあると安心なの?」

このようなお悩みを解決します。

本記事は「モバイルバッテリーのPSEマークとは」「PSEマークがあるから安心なのか」について解説していきます。

この記事を読むとモバイルバッテリーのPSEマークについて理解できますよ!

モバイルバッテリーのPSEマークとは?

モバイルバッテリーのPSEマークとは?

PSEマークとは電気用品安全法で決められた安全性のテストを実施し合格した製品に付けられるマークのこと。

近年モバイルバッテリーの発火が相次いで発生しています。

なので

2019年2月1日よりモバイルバッテリーが電気用品安全法の対象製品になりPSEマークがないモバイルバッテリーの製造・輸入・販売が禁止されました。

モバイルバッテリーには、いくつかのテストを実施し合格した製品にPSEマークがついています。

https://taitaiblog.net/wp-content/uploads/2020/02/friend-2-1.gif
あなた

電気用品安全法で決められた安全性のテストってどんな試験?

https://taitaiblog.net/wp-content/uploads/2020/02/taitai-1.gif
taitai

次で説明するね!

*電気用品安全法とは以下の目的で作られました。

電気用品の製造、輸入、販売等を規制するとともに、電気用品の安全性の確保につき民間事業者の自主的な活動を促進することにより、電気用品による危険及び障害の発生を防止する。

法第1条
注意
メルカリなどの個人間の売買でもPSEマークがないと取引できません。

モバイルバッテリーの安全性のテストとは?

モバイルバッテリーの安全性のテストとは?

電気用品安全法にはモバイルバッテリーを含め各電化製品によってテストの方法が詳しく決められています。

モバイルバッテリーはリチウムイオン蓄電池として経済産業省が試験内容を定めています。(以下の記事参照)

参考 別表第九 リチウムイオン蓄電池 経済産業省

モバイルバッテリーのテスト内容である

試験内容
  • 基本設計
  • 通常の使用における安全性
  • 予見可能なご使用における安全性

これら3点を詳しくみていきます。

基本設計

基本設計は簡単に言うとモバイルバッテリーが発火や漏液などしない設計にすること。

チェック内容はモバイルバッテリーの温度が上がりすぎないようにする設計にしたり

内部の圧力を低下させる構造にしたりと5点のチェックポイントがあります。

通常の使用における安全性

通常の使用における安全性は

  • 高温下での安全
  • 温度変化での安全
  • 運搬中の振動での安全
  • 長時間充電した場合の安全

これら4点のチェックポイントがあります。

各チェックポイントは、きめ細やかにテスト内容が決まっています。

詳しくは以下をご覧ください。

参考 別表第九 リチウムイオン蓄電池 経済産業省

予見可能な誤使用における安全性

予見可能な誤使用における安全性は

  • 落下時の安全
  • 衝撃時の安全
  • 低圧時の安全
  • 圧壊時の安全
  • 過充電時の安全

など12点のチェックポイントがあります。

各チェックポイントには、細かくテスト内容が決まっていています。

詳しくは以下をご覧ください。

参考 別表第九 リチウムイオン蓄電池 経済産業省

モバイルバッテリーにPSEマークがあったら安心なの?

https://taitaiblog.net/wp-content/uploads/2020/02/friend-2-1.gif
あなた

モバイルバッテリーにPSEマークがあったら安心なの?

https://taitaiblog.net/wp-content/uploads/2020/02/taitai-2-1.gif
taitai

実は完全に安心できないんだよ…

https://taitaiblog.net/wp-content/uploads/2020/02/friend-2-1.gif
あなた

モバイルバッテリーのテスト内容はしっかりしてるのに…

理由はテストを実施するのは自社でもいいから。

実はPSEマークには

  • ひし形PSEマーク
  • 丸型PSEマーク

これら2つが存在します。

経済産業省のホームページに書かれている2つの違いは以下の通りです。

ひし形PSEマーク丸型PSEマーク
電気温水器
電熱式・電動式おもちゃ
電気ポンプ
電気マッサージ器
自動販売機
直流電源装置
など全116品目
電気こたつ
電気がま
電気冷蔵庫
電気歯ブラシ
電気かみそり
白熱電灯器具
電気スタンド
テレビジョン受信機
音響機器
リチウムイオン蓄電池
など全341品目

モバイルバッテリーは丸型PSEマークの製品です。

ひし形PSEマークの製品は丸型PSEマークの製品に比べて危険な製品になります。

ひし形PSEマークの製品は政府が決めた検査機関で検査が義務付けられています。

それとは逆に丸型PSEマークの製品は電気用品安全法によって決められたテストを自社でテストするか第3者に検査をしてもらう必要があります。

なので

https://taitaiblog.net/wp-content/uploads/2020/02/taitai-2-1.gif
taitai

モバイルバッテリーが完全に安全とは言い切れないのです。

各社でテストするので完全に安心はできないが

モバイルバッテリーで有名なメーカーであるAnkerはホームページで以下のことを説明しています。

Ankerグループでは電気用品安全法の技術基準に適合した製造を行っているだけでなく、独自に高い品質基準を設け、製品の検査および品質管理を行っています。

Anker

Ankerは検査の取り組みがしっかりとホームページに記載されているので安心できますね。

TRY NOW

安全に使うには正しく使う必要がある

これまでモバイルバッテリーのテスト内容について話してきました。

通常の使用時、予見可能な誤使用時について具体的にテスト内容が決まっています。

そのテストに合格したモバイルバッテリーだからと言って雑に扱うと危険です。

私たちが正しく使うことが大切。

正しい使い方は

正しい使い方
  • 強い衝撃を与えない
  • 濡らさない
  • 高温で保管しない

これら3点です。

モバイルバッテリーはリチウムイオン電池を使用しており危険なものです。

正しく使いましょう。

まとめ | モバイルバッテリーのPSEマークとは

モバイルバッテリーのPSEマークは電気用品安全法によって詳しく決められたテスト内容を合格した印です。

僕がテスト内容を知ったとき詳しく決められていてびっくりしました。

テストに合格したから完全に安心と言うわけではありません。

正しく使うことが大切なので雑に扱わないようにしましょう。

【3分で分かる】モバイルバッテリーとは?仕組みや種類などを徹底解説 【おすすめ】モバイルバッテリーメーカー3社 / コスパ・サポート・保証が良い モバイルバッテリーは機内持ち込みOK / 預けるのはNG【制限があるので注意】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です